英会話

事前に貯蓄しておく

現実を理解してから、渡航する事

教師

外国で語学を勉強をしながら、アルバイトをすることができる制度がワーキングホリデーと言いますが、謳い文句と現実は異なります。確かに、ワーキングホリデービザを取得していると、費用面では助かるかもしれません。しかし、渡航する際の航空券や宿泊先、語学学校の費用は全額自己負担です。ワーキングホリデーで働いて得ることができるお金はあくまで、補助的な物と認識しておく必要があります。生活内容にもよりますが、現地で観光やアクティビティを楽しみたいとなればそれ相応の費用が必要になります。自炊をすることができる、もしくはホームステイで食事を提供してもらえるなら食費を抑えることはできます。外国で生活を送るだけであって、生きる為に必要な経費は自己負担になります。

夢と現実を知って、用意をすること

ワーキングホリデーに参加したいと考えている方は、できるだけ多くの費用を貯蓄する事が大切です。用意することができる資金によって生活も変わるので、資金が少なければ少ないなりの生活を送ることになります。必ずしもワーキングホリデービザで仕事を見つけることができるとは限らないので、万が一仕事を見つけることができず資金が底をつけば帰国せざるを得なくなってしまいます。用意した資金は、大切に管理をして堅実な生活を送ることが重要です。語学以外に何かスキルがあれば、仕事も見つけやすくなるので自分なりの武器を活用して仕事を探すことも大切です。先輩方もそのようにして乗り越えているので、夢と現実を直視して準備をすることが大切です。